永代供養で遺骨を取り出せないデメリットを避けるには

永代供養を選ぶことで、他の方の遺骨と一緒に埋葬されるようになります。


そのために、デメリットとしてお骨を他の人の骨と一緒に納骨したために、後になって親戚の意向でお骨を取り出すことになっても返すことが出来なくなるケースがあります。



永代供養でお寺に依頼をすれば、こういったトラブルが起こることがあります。



そのためにも、自らの意志だけではなく親族の方と供養方法について事前に相談をして納得をしてもらう必要性が出てきます。

OKWave情報を網羅した総合サイトです。

しかし、永代供養の出来るお寺の選び方次第では、遺骨を2年間だけは個別で保管して置くと言う方法も行ってもらうことが出来ます。

2年間のゆとりがあるのでこの期間内に、遺骨を取り出したい希望があれば可能になります。その後は、骨壺から遺骨を出して他の方の遺骨と合わせて合葬します。

もしも、2年間の期間内では、決断がつかない場合、将来的に遺骨を取り出す可能性がわずかでもあると思われるなら、安置期間の延長を検討することも出来ます。

永代供養のデメリットを避けるために、このような個別の安置期間の延長を希望に応じて申し込みが出来るお寺もあるので、安心です。

想定できるトラブルを避ける意味でも個別の安置期間の延長が可能かどうかも、予めお寺に相談しておくことが肝心です。
それほど永代供養を選ぶ際には、遺骨の取り出しに関するトラブルが将来的にありうることを自身も考えておかなくてはならないわけですので、延長の有無はとても大事な要素です。