樹木葬の種類と選ぶ意味とは

樹木葬という言葉はここ数年で注目され使われるようになりました。


樹木葬とは新しい埋葬方法の一つで、樹木を目印としてその樹木の下にお骨を埋葬するやり方のことを言います。

livedoorニュースについての情報です。

樹木葬には種類があります。



大きく分けて公園型、都市型、里山型です。



公園型、都市型はメモリアルパーク、メモリアルグリーンとも呼ばれ、手入れが行き届いた公園のような作りになっています。

シンボルツリーや低木の樹、芝生、草花の下に埋葬する形で、一息つけるような場所も設置されています。和を意識した場所もあり、シンボルツリーにはしだれ桜やモミジ、といった樹が多く選ばれています。

里山型は比較的都市部から離れた山林に多くあります。

一見すると自然の山のように見えるのが特徴です。

公園型、都市型はシンボルツリーの周りにほかの方と共に埋葬するのが多いですが、里山型の場合は一人一本選ぶことができます。
里山の再生も目指しており、環境保全にも役に立っているやり方です。

樹木葬は宗教や宗派は関係なく、どの人でも選ぶことができます。
寺院などにも樹木葬のスペースがありますが、宗派は関係ありませんし、檀家になる必要がないところが多いです。

手入れも行ってくれるところがほとんどですので、管理を気にする必要はありません。

また、樹の下には名前が刻印された小さなプレートを置くことができるので、お参りに来た際も、場所がわかりやすくなっています。ペットのお骨と共にすることもできるところが増えているので自分に合った場所を選ぶことができます。