永代供養は必ずしも永代では無い

墓は、本来子孫に代々受け継がれて管理されて、供養がされるものとして扱われていましたが、近年子孫に受け継がないで、供養してもらう方法が選ばれたりするようになりました。


子孫に替わって寺院や霊園が、遺骨を永代で供養をするということで、永代供養という方法で埋葬または管理するようになってきました。



永代供養は子孫に受け継がないから、残された子供に負担を掛けないメリットとか、墓地に埋葬するよりも安上がりになります。



それで新しい供養方法として人気が出て来ました。

ジョルダンニュース!関しての情報探しを行うならネットが便利です。

ただ永代供養は契約方式で契約年数に応じた管理はされますが、契約期間が過ぎた場合は、集団墓地に改葬されます。

供養は寺院や霊園が続く限り永代に渡って続きますが、寺院や霊園が続かなくなった場合、墓が消滅してしまって供養がされなくなる場合があります。時代の変化で寺院や霊園が閉鎖する場合があり、必ずしも永代に渡って供養されるとは思わないことです。

しかし死んだ後は、墓などに埋葬を望まなくて、そのまま地面に帰りたいと思う人や、永代に渡って供養をして欲しいと思わない人には、永代供養は経費が安く付くから有り難いシステムです。

ただ人気があるのと数にも限界があるから、永代供養を受け入れているところは少しずつ限られてきています。

それで料金も前よりも安くなくなって来たりしていますので、利用希望の場合は、生前に予約を取るなどして、受け入れてくれる寺院や霊園を予め確保しておいた方が良いです。